のぼり旗の劣化を防ぐ方法とは

のぼり旗は基本的には屋外に設置されるものです。

それゆえ、日光や風雨により自然と劣化してしまいます。

のぼり旗はある意味、そのお店の看板とも言えるものですから、劣化したのぼり旗を使い続けるのはお店に悪影響を与えます。

のぼり旗は常に綺麗なものを使用するように心がけましょう。

そもそものぼり旗の寿命は1~3ヶ月ほどと言われています。

しかし、使い方に注意をすれば、劣化のスピードを遅くすることは可能なはずです。

のぼり旗がよくわかる』を参考にすると、使用しない時には室内に保管するのが良いそうです。

これだけのことでも、劣化スピードを大幅に遅らせる事ができるはずです。

のぼり旗が劣化するのは紫外線と排ガスによる影響が大きくいので、室内で保管するだけでものぼり旗は劣化しにくくなるはずです。

また、大切なのは劣化したのぼり旗はすぐに交換することです。

屋外で使うものですからどんなに用心しても劣化を免れる事ができません。

消耗品として考え、定期的に交換することをオススメします。

Comments are closed.